リハビリのプロになれます

整体

国家資格の取得を目指す

理学療法士は、怪我や病気、障がいを持った人に対し、立つ、歩くなどの基本的動作の回復や悪化の予防を指導し、運動療法などを通じて患者さん一人一人に合うリハビリプログラムを作成し、患者さんを支援していくのが仕事になります。活躍する職場としては、通所や訪問のリハビリステーションから、病院、障がい者福祉施設など幅広い公私施設があげられます。理学療法士になるには、国家資格を有する必要があり、専門学校などの教育機関で専門課程を修了しなければなりません。理学療法士を目指す専門学校では、基礎的医学的知識、リハビリや福祉に関わる医療従事者になるために必要な役割、理学療法の理論から実践まで多くの内容を学ぶことになります。専門学校では、3年制、4年制があり、必要な知識と技術を身につけ、国家試験を受験します。カリキュラムとしては、一般教養科目、専門基礎科目、専門科目、臨床実習の4つの科目があり、専門科目では、実習やグループ課題などで理学療法士の仕事を見る機会もあります。スポーツのリハビリに力をいれている専門学校では、リハビリに必要な機器等を多く取り入れており、専門のトレーナーから指導を受けることができます。各専門学校によって、強みが違い、受けることのできるカリキュラムが異なるので、将来どのような職場で働きたいかに合わせて、それに合う実習先や指導を行っている専門学校を比較して選びましょう。資料請求や体験入学などを是非利用することがお勧めです。